沖縄バプテスト連盟:愛について聖書は何と言っていますか愛について

今日の人々は、愛を理解することを困難にする貧困、悲惨、そして果てしない試練と苦難から生まれています。この世代は、愛が何であるかについて混乱した考えを持っており、彼らにとって、愛はそれが満足のいくものである場合にのみ良いので、彼らが必要とするものに基づいています。

あなたが誰かを愛しているなら、あなたは彼らにあなたのすべての注意と時間を与えなければならないと言うオンラインの無数の投稿があります。さらに、人々は愛は贈り物に基づいていると考える傾向があります。あなたが受け取るほど、あなたはより愛されています。 

しかし、愛は本当にこの唯物論的で、要求が厳しく、強制されているのでしょうか?愛のアイデアを、それを作成した人の視点から見て、再構築してください!

愛の本質を示すことができるものがあれば、それは聖書です。この聖句は、愛の問題に関して最も信頼できる存在である神の言葉を詳述しています。聖書は次の概念と詩を通して愛について言っていることを見てみましょう

聖書 には愛がある…言う

尽きることのない 

愛は尽きることのないで、それは神によって証明されて:。私たちが自分自身にさえ愛を与えることができない時でも、神は忠実で愛情深いままです。彼の愛する目はあなたの失敗を超えて見ます、そしてあなたが彼を拒絶する時でさえ彼はあなたを愛しています。 

以下は、神の永遠の愛を証明する詩のいくつかです。

  • 詩篇136:1-3  

主をたたえよ!彼はいいです。神の愛は決して失敗しません。すべての神々の神を賛美しなさい。神の愛は決して失敗しません。主の主をたたえなさい。神の愛は決して失敗しません。

  • コリント人への第一の手紙第13章8節

愛は決して失敗しません。しかし、予言があるところでは、それらは止まります。異言があるところでは、それらは静止します。知識があるところでは、それは亡くなります。 

無条件 

世界にとって、愛は常に条件付きでした。それは常にあなたが喜んであなたのパートナーを手放すかどうかに依存します、そして愛が犠牲を伴うことは事実ですが、それは世界が考えるほど浅くはありません。 

愛を要求する必要はなく、愛を手に入れるためだけに物事を手放すことを余儀なくされていると感じてはいけません。あなたがする犠牲を含め、あなたがすることはすべて愛の結果であり、それを証明するものではありません。 

「もしあなたが私を愛しているなら…」と「あなたが私を愛しているとき…」は常にあります が、神にとって、愛には条件がありません。自由にあげられます!以下の聖句を見てください。

  • ローマ5:7-8

義人のために死ぬことはめったにありませんが、善良な人にとっては、誰かが死ぬことをあえてするかもしれません。しかし、神はこれで私たちへの彼自身の愛を示しています:私たちがまだ罪人であった間に、キリストは私たちのために死にました。

  • ローマ人への手紙第8章38節

私は、死も生も、天使も悪魔も、現在も未来も、力も、高さも深さも、すべての被造物の何も、私たちを私たちの主キリスト・イエスにある神の愛。

コメントする