沖縄バプテスト連盟:聖書による結婚

沖縄バプテスト連盟:聖書による結婚

多くの人は恋に落ちやすく、結婚は彼らが求めている幸せな結末だと思います。これはまったく真実ではありません。結婚は関係の結論の終わりではありません。それはあなたが今あなたのパートナーと一緒に直面しなければならないより深く、より良くそしてより複雑な何かの始まりです。結婚はあなたがそれに飽きたらあなたが署名して打ち切る単なる契約ではありません。それは、神を中心とした二人の魂の間の契約です。 

聖書が結婚をどのように定義しているかを見て、夫婦として、そして神の子供としてのあなたの責任について啓発してください。

結婚の意味と目的結婚

に関しては、今日の社会には多くの嘘があります。より良い聖書を理解し、どのような神が結婚を考えるために、私たちの世界はその貪欲と利己的な傾向に合わせて作成したことを嘘で最初に見てみましょう: 

  • 結婚は何もなく、契約ではありません、人間によって作成されたカスタムは
  • 右の人を選ぶ少ないが作成されますあなたにとっての問題
  • 結婚しないことはより少ない問題を生み出すでしょう
  • 結婚は常にあなたを幸せにするべきです
  • 離婚は唯一の選択肢

ですあなたが見るように、結婚の世界の定義と見解のすべてにおいて、中心は常にあなた自身です。あなた自身とあなたの幸せについて考えることは大丈夫です、しかしそれは他人を犠牲にするべきではありません。関係には課題があり、それから抜け出すことは答えではありません。問題に直面したとき、あなたが探しているのは解決策であり、解決策ではありません。 

聖書は、それがあなたやあなたの神との関係を害する場合、関係を維持するようにあなたに告げていませんが、それがあなたとあなたの両方のものでなければ、結婚のように神聖な絆を結ぶべきではないと言っていますパートナーは最後まで大事にするでしょう。結婚は2人の魂が1つとしてやってくる象徴です。あなたとあなたのパートナーがあなたの結婚指輪をつけてあなたの誓いを誓った瞬間から、お互いを離れてではなくあなた自身の一部として考えるのはあなたの義務です。

神がアダムを創造されたとき、彼は一人であってはならないと考えました。これで男性がこれまでに必要とした神の後の最初のものは女性です。イブはアダムのそばを歩くため、アダムの肋骨から作られています。彼女はアダムの上にいることを意図していないので、彼女は彼の頭の一部で作成されていませんでした。さらに、イブはアダムの下にいないため、アダムの足の一部で作成されていません。それらは平等であり、それは男性と女性のための神の設計です。結婚は再びお互いの一部になっています。 

コメントする